コスパ最強!? LOGICOOL ワイヤレスコンボ mk270のレビュー

マッスん

こんばんはマッスんです。
こんばんはAyaです。

Aya

マッスん

今回は、LOGICOOL ワイヤレスコンボ mk270についてのレビューをしていきます。

それではさっそく見ていきましょう!

外観

出典:amazon

普通のテンキー付きのキーボードといった感じです。

裏面に電池を入れるための蓋があります。

現在マウスはこちらの使っていません。現在は下記の記事で紹介したトラックボールを使っています。

トラックボールを買うならこれ!Logicool MXTB1s MX ERGOのレビュー

メリット

安い

キーボードとマウスのセットで、約3500円とかなり安く買いやすい値段です

マウスとキーボードの両方が欲しい人には、かなりオススメです。

キーボードの角度が2段階で調整できる

キーボードの裏側に爪があるので、それを立てたり畳んだりする事で、角度を2段階に調整することができます。

程よく角度がつくことによって、キーが打ちやすいです。

テンキー付き

何だかんだテンキー付いているのは便利です。ただその分横幅が広いですが、、、

ショートカットキーが便利

通常のキーの上に、ショートカットキーが一列あります。(薄い灰色のキー)

音量の上げ下げや、動画の再生&停止、スリープモードに入るためのキーがあります。

わかりやすく、使いやすいと思います。

電池が長持ちする

マッスんは約2年半使っていますが、1度も電池を交換していません。

これだけ電池が長持ちすると嬉しいー!

レシーバー1つでキーボード&マウスが接続できる

レシーバー1つでキーボード&マウスが接続できるため、無駄にUSBポートを使う必要がなくなり便利。

デメリット&残念な点

Mac OSには非対応

キー配列も違いますので注意してください。

安っぽい

値段が安いこともあって仕方ないですが、プラスチックで出来ている為高級感はありません。

高級感が欲しい人には向かないと思います。

持ち運びには向かない

サイズが結構でかいので、持ち運びには向かず据え置きとして使うのが良いと思います。

まあ持ち運べないこともないですが、、、

マウスが若干使いづらい

左右クリックとスクロールしかできないシンプルなマウスです。

サイズが若干小さく若干持ちにくく、ボタンが少なく機能が物足りない感じがしました。

その為現在は、ロジクール製のトラックボールを使用しています。

まとめ

高級なキーボードが欲しい方には、向かないかもしれませんが、普通に使う方にはこれで十分だと思います。

また打ち心地については、個人の好みがあると思うので、1度電気屋等で試し打ちすることをお勧めします。

マッスん

今回紹介した商品はこちら
created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥2,464 (2020/11/29 11:13:09時点 Amazon調べ-詳細)

それでは!!!

コメントを残す