iPad Pro 11インチmagic keyboard ファーストインプレッション

iPad Pro と magic keyboard

こんにちはマッスんです。

今回は先日予約が開始されたiPad Pro 11インチのmagic keyboardのファーストインプレッションを行ないます。

(この記事もmagic keyboardで書いています!!!)

毎度お馴染みappleの白いしっかりとした箱です。

裏面はこんくらい角度調整できるよって描いてあります。

開けるといつものやつに入っています。

内容物は本体と、紙ですね。

見えにくくて申し訳ないですが、アップルのロゴが彫り込まれています。

装着するとこんな感じです。画面が浮いているのが新鮮ですね笑笑。

良い点

キーボードの打ち心地が最高

僕自身正直今までのSmart Keyboard folioも結構好きでしたが、やはりシザー式に変わってから打ち心地は段違いで良くなりました。

打ち心地は、surfaceシリーズのものに似ている気がします。

トラックパッドはやはり便利

やはりキーボードと一体型となったのが良いですね。ジェスチャー操作によってiPad の画面を触れずとも操作できます。

ただサイズがもうワンサイズ大きいと更に使いやすかったです。

バックライト搭載で暗所でも作業可

夜ベッドでゴロゴロしながら使う時など、暗い場所で使う際にかなり便利になりました。

ただ最高煇度にしても、そこまで明るくなりません(実用上問題ないですが)。

magic keyboard の充電必要なし

バックライトが搭載されており、キーボード自体にUSBCコネクタがあることから充電が必要であるかも知れないと考えてる方も多かったのですが、iPad Proのsmart connectorから給電されている為、充電の必要はなさそうです。

usbcコネクタ増設

magic keyboardのヒンジの左側に一つUSBCコネクタが搭載されました。

充電用ですが、iPad Pro 本体のコネクタがディスプレイ出力などに使えるので便利だと思いますが、僕は特に使っていません。

膝の上でも快適

重心が後ろ側に行きにくい為不安定な膝の上でも快適に操作できます。電車で使うことが多い方とかにも便利ですね。

気になる点

重い重すぎる

約600g

重いです。

構造上仕方のないことだとは理解していますが、やはり重いです。

本体と合わせて約1.1kgなので気軽に持ち運ぶ気にはなりません。

ヒンジ可動域が狭い

もう少しヒンジ可動域が広い方が嬉しいです。ただsmart keyboard folioの2段階よりは全然良いです。

あとsmart  keyboard  folioではできましたが、magic  keyboard ではキーボードを裏面に持ってくることができません。その為apple pencilをメインで使う方には少し不便な気がします。

まとめ

重さと値段が気にならなければ買いだと思います

created by Rinker
Apple(アップル)
¥83,578 (2020/11/29 21:14:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメントを残す