マイクラブログはこちら

新型iPad Pro 11 (2018年) 6つのメリットと4つのデメリット

こんにちはマッスんです。今回はiPad Pro11インチを約10日使って気がついた良い点悪い点のレビューをします。

実は発売日に買ったのですが最近忙しくて全然レビューできていなかったんです笑

では早速みていきましょう!!

メリット

圧倒的な性能

性能は本当に圧倒的ですantutuスコアは52万点をこえました。正直分けが分からないくらい高性能です笑。ちなみにiPhone xsは約35万点、iPad pro10.5インチは約27万点です。正直この性能を生かすような場面はほぼないですが、この性能なら数年間は戦えます

かっこいい

かっこいいただそれだけ、、、、

ちょうどいいサイズ感

僕はiPad Pro10.5インチからの乗り換えですがサイズはほぼ変更なしで重量はほんの少しだけ軽くなっています(wifiモデルは1g軽くなっています)それなのに0.5インチも画面サイズはでかくなっています。

face idが便利

新型iPad Proからtouch idが廃止されface idが採用されました。解除するとき今までは、手を持ち上げてホームボタンを触って解除するだったのが、キーボードを2回タップするだけで」す。これが一番恩恵を受けています。腕を上げなくていいのはほんとに楽です!!

 

新型apple pencilが使える

新型apple pencilはiPad Proの側面につけるだけでペアリングと充電をしてくれます。旧型からだいぶ進化しました笑。あとダブルタップでツール切り替え(メモの時はペンと消しゴムの切り替えなど)が結構便利です!!!

注意
apple pencil2は旧iPad Proで使えません。また旧apple pencilは新型iPad Proで使えません

smart keybord folioが使える

今回から裏面も保護してくれるようになりました。また画面の傾きは2パターン選べます(正直角度が浅い方はあんまり使っていません)。全モデルよりも約50gくらい重くなっていますが、旧iPad Proの時は背面カバーを別に使っていたので、マッスんの環境ではむしろ軽くなっています。(ちなみにsmart keybord folioはsmaet keybordから結構値上がりしています)

注意
smart keybord folioは旧iPad Proで使えません。また旧smart keybordは新型iPad Proで使えません

デメリット

高い

新しいiPad Proは高いです。僕は大学生なのでappleの学割を使いましたが、それでもiPad pro11インチ 64GB wifi版+apple pencil2+smart keybord folioで127440円でした(学割で約7000円安くなりました)。130000円あればもう少しでmacbookも買えますね笑

アプリがiPadの画面サイズに合っていない

まだ発売されたばかりということもあって、対応していないアプリは画面に無駄なスペースができてしまっています。ベゼルがすごく太く見える笑。これではせっかくの大画面が生かせませんね

たまにバグる

よくappleの初物はバグが多いなんて聞きますけど、やっぱりたまにバグります。謎の強制終了が1回とちょくちょくアプリを開いているときに落ちます。

たまにface idにむかつく

先ほど良い点でも出てきたface idですがたまにイライラします。机にあおむけに置いたときなどは顔を覗き込むのが必要な時があります。あと手で持っているときにカメラを手で塞いで認識しないときもあります。

新型iPad Pro 11インチ 2018 Face id搭載は失敗か? Face idとTouch id比較してみた

まとめ

iPad Pro 11インチの評価
性能
(5.0)
デザイン
(5.0)
重量
(4.0)
価格
(2.0)
総合評価
(4.0)

やはり値段は圧倒的に高いですが僕は値段の価値があると思っています。お金に余裕があればiPad Pro 11インチは買いだと思います。

学生などお金に余裕がない方はiPad 2018(無印iPad)がよいと思います。

それではまた明日!!!

 

コメントを残す